掃除をしていたら古銭が出てきた

荷物の整理をしているとタンスの奥から古銭が出てきた事はありませんか。私の場合は、母から譲り受けた聖徳太子の描かれた一万円札や新渡戸稲造の五千円札などを持っていました。残念ながら、私の持っていたお札は現行紙幣なので基本的には額面以上の価格はつかないのですが、未使用品の物で製造ナンバーが珍しいものだと高値がつく事があります。有名なギザ十(縁がギザギザになっている、10円玉)も発行された年によって価値に違いがあり、昭和32年、33年のものは特にコレクターの間での価値が高いようです。お家にある古いお札や記念硬貨がまとめてある袋なんかに、一見普通の10円玉が混じっていたりしたらそれは価値のあるギザ十かもしれませんね。このように製造年が比較的最近の物でも価値のある物はありますし、素人目にはわからない付加価値がつく場合もあります。鑑定のみが出来るお店もありますので、一度専門業者さんに見てもらうと予想外のお小遣い稼ぎが出来るかもしれません。